News

 

2013年度以前

◯白石先生が平成25年度「日本生化学会九州支部学術奨励賞」を受賞しました。(2013/5/21 up)

◯分子生物学教室片山先生との共同研究の論文がEnvironmental Microbiologyに掲載されました。(2013/4/24 up)

○Gタンパク質共役型受容体の構造解析に関する総説がYAKUGAKU ZASSHI3月号に掲載されました。(2013/3 up)

◯植田研究室10周年記念行事「キャリアデザイン交流会」が開催されました。(2012/12/29 up)

◯白石先生が平成24年度「文部科学大臣表彰若手科学者賞」を受賞しました。(2012/4/17 up)

◯白石先生が平成23年度 上原記念生命科学財団研究奨励金を受賞しました。(2012/3 up)

◯白石先生と京都大学の共同研究、アセチルコリン受容体の構造解析が「Nature」に掲載されました。(2012/1/25 up)

◯第一回タンパク質創薬学セミナーで東北大学の宗先生の講演を行っていただきました。(2011/10/11 up)

◯博士課程1年の荒牧峻彦君が第35回蛋白質と酵素の構造と機能に関する九州シンポジウムにて優秀ポスター賞

   に選出されました。(2011/9/30 up)

◯白石先生らが行ったヒスタミンH1受容体の構造解析の論文が「Nature」に掲載されました。(2011/6/23 up)

○阿部先生が財団法人応用酵素協会(平成23年度)研究助成を受賞しました。(2011/5/30 up)

○博士課程1年の荒牧峻彦君が学術振興会の特別研究員DC1に採用されました。(2011/4/1 up)

○HPリニューアルしました。(2011/3/31 up)

○白石先生が公益財団法人持田記念医学薬学振興財団 第28回(平成22年度)研究助成を受賞しました。(2010/11/12 up)

○白石先生が財団法人武田科学振興財団 2010年度 薬学系研究奨励を受賞しました。(2010/10/22 up)

タンパク質の安定性と抗体産生の関係に関する論文がJ. Immnol.に掲載されました。(2010/9/8 up)

○井本研同門会のHPに井本先生のご挨拶を載せました。(2010/5/12 up)

○助教に白石先生が着任しました(2010/4/1 up)

○助教の大栗先生が崇城大学薬学部准教授として赴任しました。(2009/10/1 up)

○理学研究院生物科学川畑先生との FactorGに関する共同研究の論文がJ. Immnol.に掲載されました。(2009/8/26 up)

○分子生物学教室片山先生とのDnaAに関する共同研究の論文がJ. Biol. Chem.に掲載されました。(2009/7/24 up)

○アサリ貝リゾチームの構造と機能に関する総説が生化学4月号に掲載されました (2009/4/3 up)

○修士2年の東貞行君が薬学会九州支部会優秀発表賞に選出されました。(2008/12/3 up)

○アサリ貝リゾチームのX線結晶解析構造に関する論文がJ. Biol. Chem.に掲載されました。内容はこちらへ(2007/7/13 up)

○DnaA N-terminal domainの構造に関する論文がJ. Biol. Chem.のPaper of the weekに選出され、表紙絵も掲載されました。